樹木葬について

樹木葬とは、その名のとおり遺骨を遺灰にして樹木の下に埋葬する葬送です。

1999年に岩手県で初めて行われてから、個人単位から家族友人などと一緒に同じ樹木の下に埋葬されるタイプやシンボルとなるような大勢で眠る合葬式もあります。現在では寺院や霊園でも樹木葬が取り入れられており、徐々にではありますがニーズが広がっています。墓地として許認可された場所に埋葬するというところは従来のお墓と同様ですが、墓石を活用しないため、費用も圧縮でき自然環境や自然回帰の考えからも選ぶ方が増えています。

樹木葬の特徴として、上記でも述べたように樹木葬が認可されているのが墓地として認定されているところのみになります。寺院が樹木葬専用墓地を増設する所も多くなっています。特に、過疎地域では人口減少や寺院の檀家離れで、お墓のニーズが減少しており、樹木葬に活用してお墓離れを減少させる試みも増加しています。樹木葬は、納骨堂と同様で墓石を建立するお墓と異なり、宗教や宗派、檀家などの縛りがありません。

樹木葬の費用は一人30万〜50万円程度になります。この他に年間管理費を8000円~15000円支払います。樹木を新規で購入しなければ習い場合は別途費用が発生します。