永代供養墓の様々なタイプ

納骨堂とともに最近よく耳にする永代供養墓には個別型と共同型の2つのタイプがあります。

個別型には、一代限りの個人墓、夫婦墓、家族墓、友人墓などそれぞれに墓石を建てるお墓です。共同型は始めから遺骨を取り出し、一つのお墓に様々な人の遺骨と合祀する合祀墓です。個別型でも一定期間過ぎると、他の遺骨と最終的には合祀されます。一定期間の基準については運営母体との契約によりますが、通常は33回忌が目安となり、合祀されます。30年程度時が過ぎるとその故人を知っている人がいなくなるのでという理由です。

 

一点、留意しなければならないのは、故人が埋葬されてから33年ではなく、故人の33回忌に埋葬されるというのがポイントです。骨つぼから遺骨を取り出して埋葬すると分骨や改葬が難しくなるので、永代供養墓に埋葬する場合やすぐに合祀墓に埋葬する場合はその点も考慮して契約を行いましょう。

 

永代供養墓は、費用に関しては通常のお墓よりもリーズナブルで管理費もほとんどかからない所が多いです。個別型の方が、個別にお参りができたりするメリットもありますが、若干値段が高くなります。また、お墓に好きな言葉などある程度好きな事ができるのも特徴です。共同型は他の故人の名前が記載されたり、好きな言葉を刻んだりする事などはできません。ただ、金額的には5万以下のところもありますので、かなりリーズナブルです。