相続税を決める財産について

相続税を調べる上で最も大事な事は、まず自分の財産がいくらあり、何をもっているのかを調べる事から始まります。
相続税のかかる財産には3つあり、みなし相続財産・相続財産・生前の贈与財産があります。
それぞれどういったものか説明していきます。

①みなし相続財産
死亡保険金、死亡退職金や功労金など、被相続人が死亡したあとに受け取れる財産の事をさします。

②相続財産
被相続人の死亡した日に所有していたすべての財産で不動産・預貯金・有価証券・借地権・貸付金・売掛金などのほか、借金などのマイナスの財産も含まれます。相続開始日の時価で算出されます。

③生前の贈与財産
死亡前3年以内にもらった財産や相続時精算課税制度を利用して贈与した財産のことをさします。贈与時の時価で評価され、贈与された金額が110万円以内でも、3年以内の贈与の場合は課税対象となります。但し、配偶者控除を利用していると適用額を控除できます。

最後に相続については借金や税金も含まれます。借入金や買掛金、所得税や住民税なども含まれるので、総合的にマイナスになるようであれば、相続財産の放棄も検討しておくとよいでしょう。