自分の家のお墓を無縁仏にしないためには

承継者がいないお墓は、永代供養の契約を寺院と継続して締結しないと無縁墓となります。それを防ぐためには、お墓を改葬して永代供養墓に合祀したり、首都圏であれば納骨堂に改葬することです。

改葬とはそもそもお墓のお引っ越しのことを指し、現代の田舎に行ってお墓参りという観念ではなく、都会に出てきた子供たちが先祖のお墓参りをしやすいよう都会に近い霊園や墓地、納骨堂に遺骨を移すことです。

改葬を行う事で、無縁墓にする事を防ぎ、またお墓参りに行く回数が増えるなど、メリットもあります。但し、改葬をおこうなう事は、結構大変で、まずは元に合ったお墓の寺院に改葬の許可をもらわなくてはなりません。また、そのお墓を更地に戻すための費用も発生するのでそれなりの出費を覚悟しなければなりません。その後、移転先のお墓を建てる必要がある場合も費用がかかるので、非常にコスト面やお寺との交渉面で苦労します。

改葬は力のいることですので、まずは移転先の寺院や納骨堂の運営母体に相談することから始めて見てください。改葬を行うう上でのポイントを丁寧に教えてくれます。また、移転元の寺院にも礼を持って相談するべきでしょう。そうすることで、スムーズに改葬が行えます。